当院の衛生管理への取り組み

衛生管理への取り組み
当院では、滅菌・消毒など、徹底した衛生管理に力を入れています。
当院の患者様におかれましては、衛生上の問題に関しては全く心配ご無用ですので、ご安心ください。
高圧蒸気滅菌器
  

治療に使用する器具を、患者様ごとに高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)という専用の機器を使用して完全滅菌しています。
高温、高圧の飽和水蒸気中で加熱する事により微生物を殺滅します。

 

  

口腔外バキューム
  

歯を削る時には、削りかす、金属片、血液、細菌など、目に見えないほどの粉塵が飛び散ります。
全てのユニットに口腔外バキュームを設置することで、院内に舞い散る前に吸い込んで、院内の空気を清潔に保つことができます。 

  

ディスポーザブルの利用
  

グローブや、うがい用のコップ、エプロンなどはすべてディスポーザブル(使い捨て製品)のものを使用し、患者様ごとに交換することにより院内感染を予防しています。

  

空気清浄システム
  

空気清浄機を使用することで、空気中に浮遊する細かいホコリ、粉塵、アレルギー物質、ウィルスなどを取り除き、清潔で安心できるクリーンな院内環境を作っています。

  

電解中性殺菌水による治療
  

殺菌水とは食塩水に高電圧をかけ電気分解したときにできる水です。
治療に関わるすべての水に、強い殺菌力を持ち、かつ安全な殺菌水を使用することで、院内感染の防止に万全を期しています。

電解中性殺菌水
による治療
  

殺菌水とは食塩水に高電圧をかけ電気分解したときにできる水です。
治療に関わるすべての水に、強い殺菌力を持ち、かつ安全な殺菌水を使用することで、院内感染の防止に万全を期しています。

電解中性殺菌水自動供給システムを
開院以来導入しています

電解中性殺菌水自動供給システム を開院以来導入しています

電解中性殺菌水とは、食塩水に高電圧をかけ電気分解したときにできる水です。含有する塩素イオン族による強い酸化力により、細菌の外壁膜やウイルスの外套を破壊して不活性化することにより、強力な殺菌力を発揮します。殺菌力を発揮した後は、急速に普通の水に戻る性質があるため皮膚やお口の中の粘膜、歯肉には全く無害です(もちろん飲んでも無害です)。

食塩水を電気分解するとこのような水ができることは、以前から良く知られていましたが、従来の分解方法では強度の酸性水になってしまい、金属をすぐに錆び付かせてしまうことから、金属材料を多く用いる歯科医療での応用は難しいとされていました。


しかし、最近「株式会社エピオス」が開発した新しい方式により、中性領域で従来以上の殺菌力をもつ電解水を安定供給できるようになりました(システム名  EPIOS ECO)。この方法が可能になったのは、水道水をあらかじめ高性能中空膜フィルターを使って完全濾過滅菌した後、高純度の食塩を混合して電圧をかけ、発生した水素イオンと塩素イオン濃度をマイクロコンピュータで厳密にコントロールする技術が確立できたところにあります。三洋電機から発売されて話題となっている”洗剤のいらない洗濯機(電解水で洗おう)”もこの技術を簡易的に応用したものです。

当然、水道水をそのまま使うのに比べて多少コスト高にはなりますが、患者様同士、患者様と医療スタッフの院内感染の防止、あるいは抜歯等の手術後の細菌感染の防止には、究極の対策として注目を集めています。

当院ではこのシステムを院内全体に張り巡らせ、配管全体の無菌状態を24時間保ち、院内感染の防止に万全を期しています。院内の機械器具、スタッフや歯科医師の手指はすべてこのシステムで滅菌されておりますし、歯を削るタービンや電気モーター、スプレーから出てくる水もすべて殺菌水を使用しておりますので、安心して治療を受けていただけます。

当院の患者様には、ご自宅でもうがい用としてお使いいただくためボトルに小分けしてお渡しいたしますので、受付の者にご遠慮なくお申し付け下さい。また、普段からうがい用にお使いいただくと、風邪予防にも効果があるといわれておりますので、治療日以外でもお気軽にお立ち寄り下されば、無料で補充いたしますのでお申し付け下さい(ただし当院の患者様に限ります)。

電解中性殺菌水とは、食塩水に高電圧をかけ電気分解したときにできる水です。含有する塩素イオン族による強い酸化力により、細菌の外壁膜やウイルスの外套を破壊して不活性化することにより、強力な殺菌力を発揮します。殺菌力を発揮した後は、急速に普通の水に戻る性質があるため皮膚やお口の中の粘膜、歯肉には全く無害です(もちろん飲んでも無害です)。

食塩水を電気分解するとこのような水ができることは、以前から良く知られていましたが、従来の分解方法では強度の酸性水になってしまい、金属をすぐに錆び付かせてしまうことから、金属材料を多く用いる歯科医療での応用は難しいとされていました。
 


 
しかし、最近「株式会社エピオス」が開発した新しい方式により、中性領域で従来以上の殺菌力をもつ電解水を安定供給できるようになりました(システム名  EPIOS ECO)。この方法が可能になったのは、水道水をあらかじめ高性能中空膜フィルターを使って完全濾過滅菌した後、高純度の食塩を混合して電圧をかけ、発生した水素イオンと塩素イオン濃度をマイクロコンピュータで厳密にコントロールする技術が確立できたところにあります。三洋電機から発売されて話題となっている”洗剤のいらない洗濯機(電解水で洗おう)”もこの技術を簡易的に応用したものです。

当然、水道水をそのまま使うのに比べて多少コスト高にはなりますが、患者様同士、患者様と医療スタッフの院内感染の防止、あるいは抜歯等の手術後の細菌感染の防止には、究極の対策として注目を集めています。

当院ではこのシステムを院内全体に張り巡らせ、配管全体の無菌状態を24時間保ち、院内感染の防止に万全を期しています。院内の機械器具、スタッフや歯科医師の手指はすべてこのシステムで滅菌されておりますし、歯を削るタービンや電気モーター、スプレーから出てくる水もすべて殺菌水を使用しておりますので、安心して治療を受けていただけます。

当院の患者様には、ご自宅でもうがい用としてお使いいただくためボトルに小分けしてお渡しいたしますので、受付の者にご遠慮なくお申し付け下さい。また、普段からうがい用にお使いいただくと、風邪予防にも効果があるといわれておりますので、治療日以外でもお気軽にお立ち寄り下されば、無料で補充いたしますのでお申し付け下さい(ただし当院の患者様に限ります)。